10月某日 岡崎市東部某所に小猿を尋ねた. 「はなちゃん」と「きいちゃん」は,老犬タロウの背中に乗って遊んでいた.

 猟犬のタロウは,年を取って猪や鹿を追わないからと猟師に捨てられた.寂しくうろつくタロウを見つけたHさんは,タロウを飼う事にした.タロウはHさんの別荘の番犬になった.  ここに親を失った小猿がやってきて,タロウと小猿はいっしょに住むようになった.
 タロウは一生懸命に孤児猿の面倒を見た. 「犬猿の仲」を築いた,しかし世に言う「犬猿の仲」ではなく,親友の関係,親子のような関係を築いた.小猿は「はなちゃん」「きいちゃん」と呼ばれるようになった.

 私は,小猿たちに会いたくて,たびたび山間の某所を訪ねる.                            (2008.10.20記)
yasuragi299020.jpg
yasuragi299019.jpg
yasuragi299018.jpg
yasuragi299017.jpg
yasuragi299016.jpg
yasuragi299015.jpg
yasuragi299014.jpg
yasuragi299013.jpg
yasuragi299012.jpg
yasuragi299011.gif
c40b1323.gif
yasuragi299010.gif
yasuragi299009.jpg
yasuragi299008.jpg
yasuragi299007.jpg
yasuragi299006.jpg
yasuragi299005.jpg
yasuragi299004.jpg
yasuragi299003.jpg
yasuragi299002.jpg
yasuragi299001.jpg