yasuragi282014.jpg
yasuragi282013.jpg
yasuragi282012.jpg
yasuragi282011.jpg
yasuragi282010.jpg
右 小林氏出品作
4月の地球市民村への参加団体は,
* ホールアース研究所
* 北海道ウタリ協会 釧路支部
* ECOPLUS
* 国境なき医師団日本
* おかざき匠の会
です. 楽しい出会いと交流ができますように願っています. 
yasuragi282009.jpg
yasuragi282008.jpg
yasuragi282007.jpg
竹で囲まれた地球市民村
yasuragi282006.jpg
yasuragi282005.jpg
2005年3月25日より9月25日まで185日間, 名古屋市東部丘陵地 (瀬戸市・長久手町)にて,「自然の叡智」をテーマに愛・地球博が開かれます. おうる工房も「岡崎匠の会」 のメンバーとして,開催日より4月30日まで長久手会場「地球市民村」に出品と石彫実演に参加します.
  地球市民村のコンセプトは「持続可能性への学び」となっています.地元で産出する素材を使い,技を加えることにより素材を活かし,見る人の心に訴えかける作品を創りたいと思っています.
  おうる工房の出品作は「石彫フクロウ」です. 新作の石彫フクロウではなく,この10年間ほど作り続けている定番の「石彫フクロウ」です. 古くは1893年のシカゴ万博に高村光雲の出品した「老猿」は名作として知られており,その製作に全力を傾けて努力したことは高村光雲著「幕末維新回顧談」に記されている.
  おうる工房の作品は見る人を注目驚喜させるものでは無く,全く通常の作である. おうる工房梅本自身,どの展覧会であれ,展覧会のために特別の作品を創ることはできないし,創ろうとも思わない. 只通常の作が,どの場面においても見てもらう作だと思っている.
(2005.3.15記)  
yasuragi282004.jpg
yasuragi282003.gif
c40b1323.gif
yasuragi282002.gif
yasuragi282001.jpg
ロドス島のあやとり
愛・地球博に参加します
素敵な出会いがありました 1
素敵な出会いがありました 2
素敵な出会いがありました 3
地球市民村は癒しの空間です
ナガランドのあやとり
どんな万博になるかな
ナガランドの方々との交流