yasuragi007008.jpg
yasuragi007007.jpg
「この人を見よ」というタイトルで,私を造り上げた人や今,私を活かしてくださる人を紹介したいと考えていましたが,Ecce homoという題をつけたら,まずイエス・キリストを取り上げなければと思いました.
 歴史上の人物であれ,現存する人であれ,私に重要な影響をあたえてくれた人について,私的な想いを記してみたいとおもいます.
@ イエス・キリスト
 私がイエス・キリストを主として受け入れたのは1969年9月,21才の時でした.決心した時の自分の思いを,筋道の通った 言葉で説明することは今もできません.ただイエスを主と受け入れる決断だけがありました.
 1970年代多くの人に注目されたロックオペラ「ジーザス・クライスト スーパースター」のなかで,マグダラのマリアは
Idon't know how to take this
I don't see why he moves me
He's a man he's just a man
何故なのだろうか
何故あの人が,これほど私を動かすのか判らない
彼は普通の男だ
と歌います.

ピラトは,
I dreamed I met a Galilean
A most amazing man
He had that look you very rarely find
The haunting hunted kind
私はガリラヤ人に会った夢を見た
驚くべき人物だ
非常に珍しい,こちらの心に
乗り移って来そうな顔をしていた
と歌います.

 「ジーザス・クライスト スーパースター」は人間的なイエスを描いたと批判されましたし,神学的にイエスを取り上げたわけでもありません.
 しかし私も,マリアの惹かれたようにイエスに惹かれました,ピラトが夢みたようにイエスをA most amazing manと思いました. 
 このson of manが『十字架に死に,復活した』という意味でイエスを主と信じています.
 

 

       
イエス・キリスト
ソークラテース
鈴木政夫
yasuragi007006.gif
c40b1323.gif
yasuragi007005.gif
yasuragi007004.gif
yasuragi007003.jpg
yasuragi007002.jpg
yasuragi007001.jpg